写真之介

umideomou.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 01日

「せかいさがし」のフライヤーができましたヨ

b0086957_21302082.jpg


2013年5月18日(土)〜6月2日(日)
写真展「せかいさがし」
齋藤陽道
青山ゼロセンター

住所:〒150-0001 渋谷区神宮前3-7-11(青山ゼロセンター)【ワタリウム美術館の裏です】
開館時間:11:00~20:00
観覧料:無料
問い合わせ先:
Mail : info@saitoharumichi.com
Twitter : @saitoharumichi
休館日:なし
URL(PC):http://http://www.saitoharumichi.com



「せかいさがし」フライヤーのデザインができました。

堀江健一 @horietter さんデザインです。

PDFダウンロードはこちら
自由におつかいください。


8日に印刷があがる予定なのでそのあとお会いするひとたちに渡していきます。
DMもつくったけれど数が少ないので郵送などで会期前にはスパッとなくなりそうです。
フライヤーは会期中、展示を見にきてくれたひとたちに持ち帰ってもらうカタチになります。
ちなみに1000枚刷ったので、なくなったら1000人に会ってきたのだなあという目印になるねえー。

5/11(土)の贈本市に14時ころ、あそびにいく予定なのでそのときにお渡しできます。
ぜひいらしてください。そのほかの予定は、、、会期まで自宅にこもっています。。。フ二ャッ。



【イベント情報更新】


5月18日(土)【18:00】オープニングパーティ 
5月18日【17:00〜18:00】
オープニングトーク & スライド
10歳のともだちと妖怪とかおばけとかせかいとかについてトークとスライドをします。 

そのあと余裕があればパーティもやりたいなとおもうけれど資金不足のためにメドが立たず。。。

食事、お酒、飲み物のもちこみ、さしいれどうぞ願います。

そしてぼくからなにか写真のかたちでお返しをします。
たとえばデジタルポラロイドで撮った写真をさしあげるとか。
バラになったデジタルプリントのコンタクトシートをあげるとか。します。します。

パーティにかぎらず会期中はできるかぎりぼくのもっている写真技術で、お金やおまんまに変えて運営します。そうしなくてはやっていけないので、、、どうぞみなさま、おもしろがっていらしてください。




5月26日(日)13:00~15:00
「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」


詳細があがってきました。
かんたんな手話通訳と、筆談をしてくれるひとも周りにいるので、
聞こえない方もぜひいらしてください。ちうかぼくが参加していますので。。。。

撮ったのはぼくだけど写真の解説はしないし、そもそもできっこないから、
見えないひとといっしょにわからなさがろう(?)、
そして新しいきれいなウソと出会っちゃおうというコンタンです。

関心をもっていただけたらぜひお申し込みください。
お申し込みアドレス kansho.ws@gmail.com
5/5追記 募集は締め切りました。


【2013年5月26日美術鑑賞ワークショップ参加者募集】

公式facebookページ

【視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップとは】
視覚障害者と晴眼者が一緒に、見えているものや感じていることを
言葉にして伝え合いながら美術作品を鑑賞するワークショップです。
「みえる」「みえない」という異なる生活文化を持つ人同士が一緒になって、
新たなものの見方や美術の楽しみ方をつくることが目的です。
参加者の言葉を引き出す役として視覚障害者のナビゲーターが
同行して美術館を巡ります。

【日時】
2013年5月26日(日)13時~15時

第33回キヤノン写真新世紀優秀賞を受賞するなど、
若い世代で注目される写真家、齋藤陽道(さいとう・はるみち)。
彼は生まれつき、耳が聞こえません。
齋藤さんがみる世界とは、どんな世界なのでしょうか。
展示を行う青山ゼロセンターは古い一軒家を改装したスペース。
空間と作品の共演も見所の一つです。不思議な透明感をまとう写真をお楽しみください。
[PR]

by umideomoukoto | 2013-05-01 21:53 | 仕事 WORK


<< 事前連絡先と、青山ゼロセンター...      写真展「せかいさがし」青山ゼロ... >>