写真之介

umideomou.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 16日

齋藤陽道写真展 「宝箱」 / ワタリウム美術館

b0086957_23542630.jpg

ワタリウム美術館にて写真展 「宝箱」 をおこないます。

以降、Twitterなどで新着情報をお知らせします。
Facebookページもあります。ぼくはFacebookやってないのですが、ともだちがつくってくれました。へー、こりゃ便利だ。。。

IMA ONLINEにもあります。


30歳の写真家、齋藤陽道の初めての大掛かりな展覧会です。
齋藤は2008年ごろから写真に取組み、2010年には
写真新世紀の優秀賞を受賞し、3.11以降さらに独自の世界観を発展させています。
展覧会では、写真プリント160点、プロジェクターによるスライドショーで200余点の写真を一堂に展示します。
病気の人、障害を持つ人、ゲイやレズビアンなどマイノリティの方々のポートレイトを
多く撮っている齋藤が常に感じ、心に問いかけていることがあるといいます。
生きることに苦しさを感じてしまう現代にあって、齋藤はあやういが
すぐそばに存在する「感動」を見つけ出し「それでも世界は黄金色」と私たちに語りかけます。
そんな齋藤の写真は、アートの世界を飛び出し、時空も超え、もっと別な根源的な問題で
私たちを強く引き付けます。
なぜかその写真を見ると勇気が湧いてくるのです。
 ―ワタリウム美術館より


この世の現実が、
あの世の夢のベールを通して見えてきます。
 ―谷川俊太郎( 詩人)


デビュー作の「タイヤ」(2009年、写真新世紀・佳作)は衝撃的でした。
「せかい」を受けとめ、投げ返すパワーが、
それ以後どんどんついているように思います。
展覧会がとても楽しみです。
 ―飯沢耕太郎( 写真評論家)


齋藤陽道は、懐かしさとも、新しさとも違う、
今、この瞬間に僕たちが見たつもりになって
実は膨大に零れ落し続けている光の粒を
虫取り網で掴まえる男である。
いや、虫なのかもしれない。
 ―坂口恭平( 建築家・作家・絵描き・踊り手・歌い手)


世界はとてつもなく美しく、そして悲しい。
陽道くんの目はそのことを
いつも思い出させてくれる。
 ―よしもとばなな( 作家)


齋藤陽道さんは、
彼だけの場所を持っている。
彼だけの陽射し、彼だけの風、
誰もが、その場所に立ちたくなる。
 ―糸井重里(「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰)

b0086957_2354228.jpg

❖Special Event December 2013-February 2014❖
※各お申込み方法は下記にございます。

【筆談対談】

◆よしもとばなな(作家)×齋藤陽道
「私たちに見えるもの」
12月12日(木)19:00- 21:00

◆谷川俊太郎(詩人)×齋藤陽道
「てっぺんの光」
1月17日(金)19:00- 21:00

◆荒井裕樹(博士)×齋藤陽道
(東京大学大学院人文社会系
研究科特任研究員・博士(文学)・障害者文化論)
「アートがひとを〈癒す〉とき」
1 月25日(土)18:00 - 20:00

会場:ワタリウム美術館 2F / 参加費:各回 2,000円


【ライブイベント】
◆「銀河系の果てを聴く」
2 月1日(土)19:00 より

音を介して世界と身体の関わりを探求する、アーティスト/ホーメイ歌手山川冬樹が、「音楽は永遠の片想い」と語る齋藤陽道とともに、「音楽」のある時間と場を創出します。
光と震動と音が一つになって身体を巡る、そんなライブイベントです。
子どもたちの参加・大歓迎です。

出演:山川冬樹、齋藤陽道 他 / 会場:ワタリウム美術館
参加費:1,500 円
(各種障害者手帳をお持ちの方、中学生以下の子どもは無料)


「ドッグレッグス出張興行」
2 月8日(土)19:00-20:30
『無敵のハンディキャップ』( 第20回講談社ノンフィクション賞受賞)の著者であり、障害者プロレス団体「ドッグレッグス」代表の北島行徳さんと、他のレスラーさんたちを交え、試合とトークを開催します。

トーク出演:北島行徳+ 齋藤陽道
会場:ワタリウム美術館 2F / 参加費:2,000 円


【チャンネル】
◆12月28日(土)◆1月31日(金)◆2月22日(土) 19:00- 21:00

当日、あなたの大切なものをひとつお持ちください。
あなたと大切なものを撮ります。
参加者は、展示中の写真から気になる写真を選び、プロジェクターで大きく投影した写真のなかに入りこんでもらいます。
写真の「なにか」と参加者との接点を齋藤がさぐるようにして撮影します。
後日、撮影した写真はプリント( 2 L判)し、齋藤のサイン付きでお受け取りいただけます。

会場:ワタリウム美術館 4 F / 参加費:各回4,800 円 各回10名限定


【視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップi n 齋藤陽道写真展】

◆2 月22日(土) 13:00 -16:00
「みえる」「みえない」にかかわらず、多様な背景を持つ人が集まり、言葉を交わしながら一緒に美術鑑賞をするワークショップです。

主催:視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ
参加費:1000円(別途、展覧会入場券が必要です)
14 名限定 / 受付締切:2014 年2月17日(月)



===============

お申込方法:ご参加希望の方は、希望の回、お名前、参加人数、ご連絡先(住所・電話番号・E-Mailアドレス又はFAX番号)をご記入の上、E-Mail:of ficial@watarium.co.jp または、FAX:03-3405-7714 までお送り下さい。ご予約は、ご入金をもって完了となります。

ワタリウム美術館受付にて事前にお支払い頂くか、下記の口座へお振込下さい。
ご入金確認後、期日迄に、受付票をお送りします。(定員になり次第〆切)

振込先:三井住友銀行 青山支店(普)1033281 (名義)ワタリウム美術館

※なお、ご入金後のお客様のご都合による払い戻しはできませんので、ご注意下さい。
お問合せ:ワタリウム美術館 E-Mail:official@watarium.co.jpTel: 03-3402-3001

===============

【期間】2013.11.30~2014.3.16 (12/31~1/3休館、 月曜休館※12月無休)

【開館時間】11時より19 時まで(毎週水曜日は21時まで延長)

【入館料】*会期中何度でも入場できるパスポート制チケットです。
・大人1000円 学生(25歳以下)800円 70歳以上の方700円 小・中学生500円
・ペア券 大人2人1600円  学生2人1200円
・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
ご本人500円 小・中学生300円 介助者(1名様まで)800円

【休館日】月曜日(12/2, 9,16, 23, 30と1/13は開館)12/31~1/3休館

【ワタリウム美術館】
〒150 - 0001 東京都渋谷区神宮前3 - 7- 6 Tel:03 - 3402 - 3001 Fax:03 -3405 -7714
Emai: official@watarium.co.jp ht tp://www.watarium.co.jp

【アクセス】
交通○東京メトロ銀座線「外苑前駅」より徒歩8分
(青山通りを渋谷方面に向かい南青山3丁目交差点を右折。1つ目交差点左手)
都営バス 黒77 「北青山三丁目」下車・徒歩4分

【作品購入】
本展で展示する齋藤陽道の写真プリントは、ご購入いただけます。
作品を購入されたい方、齋藤陽道の制作を応援したい方、
ワタリウム美術館まで、連絡をお願いします。
[PR]

by umideomoukoto | 2014-03-16 23:59 | 展示 EXHIBITION


<< チャンネル in  アフタヌー...      光のからだvol.3「雪が降る... >>