写真之介

umideomou.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 18日

光のからだvol.3「雪が降る。声が降る。」

b0086957_11254525.jpg



『光のからだ』vol.3「雪が降る。声が降る。」
日程:2014年1月18日(土)
開場:15時 開始:15時30分 終了:17時
会場:富士見丘教会(東京都世田谷区代沢2丁目32−2)
出演:CANTUS&GOGOコーラス部、齋藤陽道、飴屋法水、くるみ、nicolas(スープ)、and more
演出:飴屋法水
PA:ナンシー
—-
生れ落ちてしばらく、言葉は空にありました。赤ちゃんの自分にとって、言葉ははるか上空にありました。
雪のように言葉が降ります。雪を掴むように、言葉を掴みます。
その時、僕らは他者の存在を、“言葉の身体”で感じられるのではないか。
発語から発声、発音、そして。

—-
聖歌隊CANTUSとパティスリーnicolasがレギュラー出演のイベント『光のからだ』。
Vol.3のゲストは、演出家の飴屋法水さんと娘・くるみさん、写真家の齋藤陽道さん、サウンドエンジニアのナンシーさんです。
演出家の飴屋法水さんも写真家の齋藤陽道さんも聖歌隊CANTUSも、そして皆さんも、もう一度赤ちゃんみたいになって、言葉を、声を、音を、
振る舞いや身振りのように、一緒に感じられたらと思います。
—-
『光のからだ』vol.3「雪が降る。声が降る。」
日程:2014年1月18日(土)
開場:15時 開始:15時30分 終了:17時
会場:富士見丘教会(東京都世田谷区代沢2丁目32−2)
出演:CANTUS&GOGOコーラス部、齋藤陽道、飴屋法水、くるみ、nicolas(スープ)、他
演出:飴屋法水
PA:ナンシー
料金:3000円(nicolasのスープ付き)/小学生までは1000円(nicolasのスープ付き)。乳幼児は無料。
*vol.1から3回連続参加の方は500円オフ。2回目の参加の方は200円オフ。

お申し込み:
ignition.gallery@gmail.com
件名を「光のからだvol.3」として、お名前・ご連絡先・ご予約人数をご明記のうえ、メールをお送りください。
—-
プロフィール:
飴屋法水(あめや・のりみず)

山梨県生まれ。神奈川県立小田原高校卒。17歳で状況劇場に参加。音響を務める。23歳で独立、以降、1980年代は主に、東京グランギニョル、MMMなどにて演劇作品を発表。1990年より、レントゲン芸術研究所を基点に、現代美術に発表の場を移す。1995年、作品制作を止め、様々な動物を飼育販売する「動物堂」を開始。2005年「バ  ング  ント」展で活動再開。以来、フェスティバル/トーキョー、吾妻橋ダンスクロッシング、HARAJUKU PERFORMANCE +、水と土の芸術祭、国東半島アートプロジェクト等に参加。静岡、いわき、国東半島などでは中学生や高校生と共同作業。また、ミュージシャンとのライブパフォーマンスも多く、大友良英、山川冬樹、テニスコーツ、小山田圭吾、七尾旅人、ECD、空間現代、core of bells、中原昌也、MARK等と共演。

齋藤 陽道(さいとう・はるみち) 

1983年、東京都生まれ。写真家。石神井ろう学校卒業。第33回キヤノン写真新世紀優秀賞を受賞。2011年、写真集『感動』(赤々舎)を刊行。あらゆる種別や境界を越えて、真っ直ぐに対象と向き合い撮影された写真を特徴とする。
2013年11月30〜2014年3月16日、ワタリウム美術館にて個展開催。

HPhttp://www.saitoharumichi.com/

CANTUS(カントゥス)
ラテン語で「歌」を表す「CANTUS」(カントゥス)は、幼なじみで結成された聖歌隊。「ハルモニアの娘」(EWE)でデビュー。グレゴリオ聖歌を始めとする教会音楽をレパートリーとしながら、坂本龍一、坂本美雨、中島ノブユキ、haruka nakamura、飴屋法水、阿部海太郎ほかなど、多くのアーティスト共演するなど独自のスタイルで活動中。http://cantus.otamihoandcantus.client.jp/

nicolas(ニコラ)
三軒茶屋にある、メシの食える(呑める)パティスリー。
http://www.nicolasnicolas.com/


企画:熊谷充紘(ignition gallery)
宣伝美術:尾花大輔
[PR]

by umideomoukoto | 2014-01-18 00:00 | 仕事 WORK


<< 齋藤陽道写真展 「宝箱」 / ...      写訳「点滴ポール」写真展/BO... >>