写真之介

umideomou.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:仕事 WORK( 61 )


2013年 09月 20日

第3回「チャンネル」in浅草浪花家

2013年8月30日
浅草浪花家「チャンネル」

第3回目となりました。ガレージをしめきったたい焼き屋さんのなかでの撮影でした。
おもしろかったです。3回目となるとわかってくることがあります。

やっぱり、その人と選ばれた写真はとても似ている。まちがいなく似ている。
忙しい移り変わりのなかで出会った同類として選んでくれているのだと思いました。
同類としてすっかりなじんでいる関係に目や口をはさむ余地はまるでなかった。
なので「新しい写真を撮る」というよりも「なつかしい写真があった」と言える
ような瞬間を見ようと意識して撮影しました。

この場合のなつかしさというのは、
自分の生きてきた年数よりもずっと昔のところから湧き出づるものでそれはもはや新しい。

まあたらしいなつかしさをかみしめて奥まる写真をと思って、、、いた。

その感覚は最初からもっていたけれど三回目にしてやっと言葉にできました。
おもしろいです。






※写真の公開に関しては参加者から許可をいただいています。


b0086957_1556767.jpg



b0086957_1556490.jpg



b0086957_1556937.jpg


b0086957_15561186.jpg


b0086957_155613.jpg


b0086957_15555924.jpg



b0086957_15555768.jpg



b0086957_1556353.jpg


b0086957_15555291.jpg



b0086957_15555576.jpg

[PR]

by umideomoukoto | 2013-09-20 16:26 | 仕事 WORK
2013年 08月 07日

8月25日(日)本屋B&B『点滴ポール~生き抜くという旗印』トークイベント。

b0086957_14495694.png



08/25 SUN 『点滴ポール~生き抜くという旗印』(ナナロク社)刊行記念
岩崎航×齋藤陽道

生きていくカタチ

―ぼくらのできるとできないが
 かさなるところ―

7月の刊行以来、詩人の谷川俊太郎さんや、
糸井重里さんなど、多方面から絶賛を浴びている話題の一冊
『点滴ポール ~生き抜くという旗印』のトークイベントを開催します。

---------------------------------------------------------
主催: 本屋B&B

東京都世田谷区北沢2-12-4 2F
2013/08/25 [日]
前売(1500yen+500yen/1drink)
当日支払(1500yen+500yen/1drink)

※チケット予約制です。こちらからご確認をお願いします。
http://bookandbeer.com/blog/event/20130825_bt/
---------------------------------------------------------


著者は、仙台市在住の37歳、岩崎航さん。
3歳で筋ジストロフィーを発症し、
常に人工呼吸器を使い、胃ろうから経管栄養で食事し
生活のすべてに介助が必要な体でベッド上で過ごしています。

自殺願望に覆われた10代、身体の苦しみに苛まされた20代を越え、
30代の今、力強くまたユーモアを交えた詩を生み出し続けていく岩崎さんが、
命を刻んで書き続ける意味とは何か。

今回のために撮り下ろした岩崎さんが自作について語るビデオ上映と
本書の写真を担当している、写真家の齋藤陽道さんの筆談トークを行います。

貴重な1時間半をどうぞお見逃しなく!


※会場は2階にあり、エレベーターがございません。

車椅子や、階段の上り下りが困難なお客様は、お手数ですが、
前日(8月24日)までにご連絡ください。

※著者の体調不良の場合は、予告なく内容を変更させていただきます。
予めご了承ください。



b0086957_145531100.jpg

[PR]

by umideomoukoto | 2013-08-07 14:54 | 仕事 WORK
2013年 08月 02日

8月31日(土)リブロ池袋本店『点滴ポール 生き抜くという旗印』トークイベント

b0086957_16372996.jpg


いままでで最高にでっかい画面で筆談トークをやります。
あと「点滴ポール」から受けた印象を、「点滴ポール」未公開写真40点とともに、
ぼくのこれまでの写真あれこれを織り交ぜたスライドにして流します。

たっぷり20分以上の予定です。

ただ写真をスライドさせたものではなくて、、、存在するものの定義がひろがるような、
「点滴ポール」の言葉がもつ、こころのたねが蒔かれるような感覚をぶんぶんにふくらませたものです。
いま編集をしているのですがどこまでももぐっていって溺れそうなほどの深みがもうすでにあります。
今回、大画面でぜひともみていただきたくおもいます。


岩崎さんのビデオトークもあるので、ぼく自身がたのしみです。


「点滴ポール」は、いろんな人にみてもらうということのみならず、
岩崎さんにとって言葉が糧になる、はたらく道を築くための一歩でもあると思っています。

ぼく自身もまた写真が糧になるためにうごいているまっただなかなので、
岩崎さんに対しては戦友のような、きもちを勝手に抱いて、なんでも尽力する心構えでいます。

もっとー、もっともっとととやらないとー、とー、ふるいーたつー。
ふるいーたーてー。 ふるいーたたーなきゃー、うーーそーーーよーーーー。
なびく旗にいまだかかーっているー モーーザイクをとっぱらうーーーのーだーーー。
テレレレッテレー。 テレレレッテレー。 テレレレレレンレッテッテ。。。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

筋ジストロフィーの身から力強い詩を発表し続ける詩人・岩崎航さんの初の本『点滴ポール 生き抜くという旗印』の刊行を記念して、同書の写真を担当した写真家の齋藤陽道さんのイベントを行います。

ろう者でもある齋藤さんの写真や言葉に寄せる思いの源を、筆談とスライドショーで体感していきます。

当日、著者の岩崎航さんによるビデオ出演も予定しています。

※齋藤さんのトークイベントは、筆談を画面に映す形式で行います。

日時:2013年8月31日(土) 午後7時~9時
会場:西武池袋本店別館8階池袋コミュニティ・カレッジ4番教室
参加チケット:1000円(税込)
チケット販売場所:西武池袋本店書籍館地下1階リブロリファレンスカウンター
お問合せ:リブロ池袋本店 03-5949-2910

http://www.libro.jp/news/archive/003564.php


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
書籍概要:3歳で筋ジストロフィーを発症した詩人・岩崎航さんが、37歳の今、達観することなく、命を刻んで書き続ける勇気あふれる200余篇の言葉たち。写真は、「ほぼ日」でも特集され今もっとも話題の写真家・齋藤陽道さん。1年以上の時間をかけ詩人と写真家による魂の結晶が生まれました。7月の刊行以来、詩人の谷川俊太郎さんや糸井重里さんなど、多方面から絶賛を浴びている話題の一冊です。

b0086957_1637489.jpg

[PR]

by umideomoukoto | 2013-08-02 17:25 | 仕事 WORK
2013年 07月 20日

「点滴ポール」岩崎航、写真担当しました。

b0086957_2314481.jpg

b0086957_14591515.jpg




写真を担当しました。
今後もいろいろな企画があります。
詳細については岩崎航さんのTwitter、およびホームページでご確認ください。


IMA ONLINE掲載


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岩崎航詩集『点滴ポール ~生き抜くという旗印

詩/岩崎航 写真/齋藤陽道

装丁/寄藤文平 鈴木千佳子

出版 :ナナロク社
発売 :2013年6月29日
判型 :四六判、本文184ページ
価格 :1470円(税込)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]

by umideomoukoto | 2013-07-20 09:30 | 仕事 WORK
2013年 07月 20日

齋藤陽道写真展 7月20日〜8月31日【期間延長】9月15日(土)「それでもそれでもそれでも」、浅草浪花家

b0086957_8132352.jpg



「それでもそれでもそれでも」展
7月20日(土)〜8月31日(土)【期間延長】9月15日(日)


週刊金曜日で連載している、「それでもそれでもそれでも」をもとにした展示を行います。

会場は、たい焼きとかき氷とやきそばとうどんがおいしい浅草浪花家さんです。
「感動」につづいて2回目の展示となります。

今回は写真プリントではなく、連載している写真と文章をもとに
インクジェットプリントに直筆で文章を書いた作品を展示します。


イベント

8月24日(土)朗読トークイベント。
ぼくは朗読しないけど、浅草浪花家のおかみさんがイイ声!と指名した方がぼくの文章を朗読します。
ほおー。。。朗読。。。
ぼくからは映像を使った初めてのココロミを披露するつもりです。

定員:30名
会費:1000円(ミニかき氷付き)

ご予約はこちらへお願いします。

mail:【浅草浪花家】r_yasuda@tcat.ne.jp
TEL:【浅草浪花家】03(3842)0988




8月30日(金)20:00〜
「チャンネル」それでもそれでもそれでも.ver

前回の赤々舎青山ゼロセンターと同じく3,800円でお受けします。
今回は会場の都合でプリントは後日サインを入れてからの郵送となります。
定員は15名です。


予約は下記へお願いします。

mail:【齋藤陽道】 info@saitoharumichi.com

件名を「浅草浪花家 チャンネル予約」と入れてください
ひとり7分ぐらいかけての撮影なのでスムーズに流れるようにするため、
来店される時間帯もできましたら詳しくお書きください。

7/2現在 予約者3名

名前:
mail:
TEL:
来店時間:【20時】【20時30分】【21時】【21時30分】のうちお選びください。
備考:




会期中は、特別かき氷がでるようです。
「太陽氷」とかどうだろう、といま話しています。
甘いタバスコ味です。うそです。どんな味になるんでしょうねえ??

個人的に、青山ゼロセンターのときにでた
ナメタケかき氷が衝撃的においしくって忘れがたい。。。
いっつも今まで食べたことないなあという美味しいかき氷をつくってくれるので、たのしみ。


しかし、言葉の手書きって、たいへん。しっぱいができないね。。。
たくさん失敗してるけど。ほほほ。
[PR]

by umideomoukoto | 2013-07-20 00:26 | 仕事 WORK
2013年 07月 04日

「せかいさがし」展示情景。青山ゼロセンター




質問一覧
b0086957_20525121.jpg






情景

b0086957_19593580.jpg

b0086957_2055023.jpg

b0086957_19544173.jpg
b0086957_1954772.jpg

b0086957_202455.jpg

b0086957_207664.jpg

b0086957_19544536.jpg

b0086957_195506.jpg

b0086957_19551215.jpg

b0086957_19555398.jpg

b0086957_1956150.jpg

b0086957_19564936.jpg

b0086957_1957545.jpg

b0086957_2056482.jpg

b0086957_19573581.jpg

b0086957_1958843.jpg

b0086957_19583316.jpg

b0086957_19584640.jpg

b0086957_1959017.jpg

b0086957_19591679.jpg

b0086957_19594719.jpg

b0086957_200286.jpg

b0086957_2001715.jpg

b0086957_202080.jpg

b0086957_2021956.jpg

b0086957_203399.jpg

b0086957_204267.jpg

b0086957_2041522.jpg

b0086957_2045157.jpg

b0086957_20698.jpg

b0086957_2063583.jpg

b0086957_2065135.jpg

b0086957_2075667.jpg

b0086957_208943.jpg

b0086957_20173013.jpg

b0086957_20124048.jpg

b0086957_2082473.jpg

b0086957_2083641.jpg

b0086957_2085343.jpg

b0086957_20135467.jpg

b0086957_2014642.jpg

b0086957_2091059.jpg

b0086957_2091890.jpg

b0086957_2092742.jpg

b0086957_2095972.jpg

[PR]

by umideomoukoto | 2013-07-04 20:29 | 仕事 WORK
2013年 06月 08日

ほぼ日「はたらきたい」展写真展示と「瞳の奥」という小冊子。

b0086957_11424725.png




ほぼ日「はたらきたい」展で、東北をめぐって撮影した写真がでっかく展示されています。
そのときに撮った写真たちが、ぼくの文章と合わせて「瞳の奥」という小冊子になりました。
「齋藤陽道の見た東北」というテーマでしたが、はからずして、ぼくの写真の根幹をみるものにもなりました。
全部で15冊しかつくっておらず、会場にも5冊しかないです。ぜひともー。

見に行けないよ〜というかたは下記のPhotobackリンクからぜんぶ見ることができます。笑
でも紙の本を手にとってパラリラリラリという実感にはちょっとかなわないので、できましたらぜひ実物を。。。
紙がいいんですよね。しっとりすいつく。
Photoback | 瞳 の 奥



『はたらきたい展』の制作静かに佳境です。

齋藤陽道さんが撮った東北



b0086957_9321499.jpg

「ほぼ日」が、働くことを考える。
はたらきたい展。


じぶんがクルマだったら、走りたい。
ボールだったら、転がりたい。
まだ生まれたての人だったときには、
ものすごく生きたい。
そんな気持ちの延長上に
「仕事をしたい」「はたらきたい」という気持ちも
あるような気がします。
この展覧会では
糸井重里と「ほぼ日刊イトイ新聞」が
「こんなふうにやったら、こうできた」
「これからは、こういうふうに、はたらきたい」
という内容を展示します。
過去の「ほぼ日」の仕事はもちろんですが
現在、進行中のプロジェクトも
お見せできる範囲で、公開する予定です。
若い人にも、社会人にも、
大企業の人にも、フリーの人にも、
多くの人に見ていただいて
これからの時代の新しい「はたらきかた」を
あれこれたのしく、しかも真剣に、
いっしょに想像してみましょう。


渋谷パルコ3F パルコミュージアム
2013/06/06 (木) -2013/06/17 (月)  10:00~21:00
一般500円 学生400円 小学生以下無料
[PR]

by umideomoukoto | 2013-06-08 09:37 | 仕事 WORK
2013年 06月 04日

第2回「チャンネル」in青山ゼロセンター

AKAAKAサーカス」に続いて二回目の「チャンネル」となりました。
参加していただいたみなさま、ほんとうに感謝いたします。
撮影してすぐに1枚プリント(予約の方は2枚)をして、サイン、特製スタンプを押して、
撮影したデータはすべてお送りしています。自由にお使いいただいています。
データが届いてないよっ、という方は申し訳ありません。
メールアドレスがわからずに届かない人がいます。こちらを見てくださったら下記にご連絡ください。
info@saitoharumichi.com


出来上がった写真を見ていて、まったく他人のぼくでも射抜かれる想いがあります。
なので写真をセレクトして、実際に撮影された本人たちにとっては、
もっと、わけのわからない自分の奥底に触れてしまった感があるのではないかしら。

それぞれのひとにとって、自分だけにしかわからない、でもずっと考えていられる豊かな、
なぞなぞの一枚になれたらとおもいます。

いつだってぼくは、自身の色をなくして「その人でしかありえない写真」に
行きたいと思っています。「チャンネル」はそれがより具体的になるのでとてもおもしろいです。
今回は比較的時間をとったので、より深みにいけた気がする。

これ、回数を重ねて一冊の本にまとめて見てみたいねえ。

ちなみに今回のチャンネルの収入で青山ゼロセンター会期中にかかる
光熱費、水道代、雑費代はどうにかなりそうです。まだちゃんとわからないけど。。。。





※写真の公開に関しては参加者から許可をいただいています。


b0086957_18545539.jpg


b0086957_1854141.jpg


b0086957_1855864.jpg


b0086957_18551638.jpg


b0086957_18541089.jpg


b0086957_1854890.jpg


b0086957_18541980.jpg


b0086957_1854657.jpg


b0086957_1854580.jpg


b0086957_1854182.jpg


b0086957_18544693.jpg


b0086957_1854348.jpg


b0086957_1854150.jpg


b0086957_18535683.jpg


b0086957_18541225.jpg


b0086957_18535846.jpg


b0086957_18535972.jpg


b0086957_18535430.jpg


b0086957_18542139.jpg

[PR]

by umideomoukoto | 2013-06-04 19:19 | 仕事 WORK
2013年 05月 20日

5月25日(土)「チャンネル」in青山ゼロセンター

b0086957_12372147.jpg

b0086957_12372440.jpg

b0086957_12373038.jpg

b0086957_12373297.jpg

b0086957_12383797.jpg

b0086957_12384185.jpg






齋藤 陽道 写真展「せかいさがし」特別イベント
「チャンネル」
わからないということをひきうけて、豊かなわからなさへとふくらませる。
それが、わからないことだらけのぼくにとってせめてもの行いです。
お客さんには、なんだか気になる...という写真を選んでもらいます。
それをプロジェクターでうつして写真のなかにはいりこんでいるお客さんを、ぼくはわからなさがふくらむように撮ります。

たくさんのわからなさをつらぬいて始まる写真。 そこにもうひとつの可能性が見えるといいなと思います。
わからなさのなかで、ふてぶてしくお会いしましょう。
--

齋藤陽道 写真展特別イベント「チャンネル」
日時:5月25日(土)
   第一部:13:00~15:00、第二部17:30~19:30
参加費:3800円

参加者を齋藤が撮影します。撮影された写真は2L判で出力し、サインを入れたものをお持ち帰りいただけます。
撮影した別カットのデータも後日すべてお送りします。
こちらのデータはご自由にお使いいただけます。

参加特典:浅草 浪花屋特製かき氷つき!
事前予約受付中!
予約特典: 別カット1枚プリント追加&スタンプを押します。
申込み先: sekaisagashi@gmail.com

当日参加も受け付けます。みなさまのご参加をお待ちしております。
[PR]

by umideomoukoto | 2013-05-20 12:39 | 仕事 WORK
2013年 05月 13日

事前連絡先と、青山ゼロセンターへの道案内

事前連絡先
車椅子、盲のかたは連絡をいただければ、介助経験者を手配できる場合があります。
メインギャラリーが2階なので、できる限り実物をみてほしいとおもっています。
どうしてもむつかしいなら1Fにひとつずつ作品をもっていく方法などもあるので、
事前連絡をしていただいて、ぼくらにあたまをやわらかくする時間をください。

お子さんについてですが、こどもさんいらしてください、と言ったものの、
当初よりも作品の数が増えたこと、作品の重量が増したこと、
会場が広くてちょっと楽しすぎること、階段が急なことなどなど。。。

なにより、展示で助けてもらう人手があっとーてきに足りないということで、
特に未就学児のお子さんの場合、注意をしていただきたく思います。
といっても、なんというか、親戚の家にお邪魔をするくらいのかんじでどうぞお願いします。

いずれにしても会場でもしもの場合があった際、ぼくは責任を引き受けることができません。
ぼくらのほうの人脈や人力を全動員して尽力しますが、最終的には自己責任ということを、
どうぞご了承ください。でも、やるよ。がんばるよぼくら。


連絡先:sekaisagashi@gmail.com





ゼロセンターは普通の家庭用トイレですが、
空き部屋やスペースがありますので、おむつ替えなどにお使いください。
最寄りのバリアフリートイレは、ベルコモンズとなります。
(ゼロセンターから徒歩5分強。)

外苑前駅・ベルコモンズのトイレは、てすりが右側にあります。
左てすりのトイレは、NBF南青山ビルにあるようです。
次回行ったときに、利用時間等を調べてまたツイートします。



その他の近隣のトイレ情報は、Check A Toiletで確認できます。
Check A Toilet
※iPhone用のアプリもあります。




b0086957_222903.jpg

坂口恭平さんの一番弟子よねさんの書いた地図です。
よね @R00FT0P

道案内

最寄り駅は『外苑前』駅です。
改札階へのエスカレーター・車いすの階段昇降機は
[4a] [4b] 出口方面のみについています。(エレベーターは無し)
バリアフリートイレ・地上階へのエレベーターも [4] 側の出口のみ。

[4a] [4b] 出口は7~23時のみ利用できます。
時間外は閉まっていますので注意してください。
よって、エスカレーター・エレベーター・
バリアフリートイレの利用時間も、7~23時のみとなります。

ゼロセンターに1番近い出口は [3] です。
(階段のみ/エスカレーター等は無し)


外苑前駅 構内図
http://www.tokyometro.jp/station/gaiemmae/yardmap/



[外苑前] の信号を渡り、まっすぐ。
(出口 [3] の階段を上ると、ちょうどこの横断歩道の手前に出ます。
b0086957_20152167.jpg



右手にある青山ベルコモンズの4階にも、バリアフリートイレがあります。
b0086957_20152289.jpg



ベルコモンズの先にある [南青山三丁目] の横断歩道を渡ったら右へ。
(外苑西通り(キラー通り)へ。)
b0086957_20152412.jpg



ゆるやかな坂道が続きます。
b0086957_2015295.jpg



しばらく進むと [原宿団地北] の信号が。
ここを左へ。
b0086957_201530100.jpg



曲がってすぐのT字路を右へ。
b0086957_20153424.jpg




すると右側の…すると右側の…
b0086957_20153671.jpg



この門の先が、青山ゼロセンターです。
駅からゼロセンターまでは、徒歩10分ぐらい。
b0086957_20153932.jpg

[PR]

by umideomoukoto | 2013-05-13 20:52 | 仕事 WORK