2015年 12月 22日

【写真展】12月22日~24日

12月22日~24日の3日間
スパイラルガーデン『ジ・アートフェア +プリュスーウルトラ』
作品展示と販売をしています。
新作も2点あります。空気のよい写真を選びました。よろしくどうぞ。
[PR]

# by umideomoukoto | 2015-12-22 12:39 | 展示 EXHIBITION
2015年 12月 18日

【トークイベント】 一色俊典×齋藤陽道

筆談トーク 『未来をかなでる』
一色俊典(大伸社ディライト)×齋藤陽道

東日本大震災復興支援チャリティーカレンダー 2016『かなでる』 の発売を記念して
本年度の写真を担当された写真家,齋藤陽道さんの筆談トークを開催いたします。
このカレンダーは、みちのく応援団/株式会社大伸社が制作・販売する、
今年で5作目となるチャリティーフォトカレンダーです。
齋藤さんの写真に対する思いや、今作カレンダーのロケ撮影での経験などを
お話していただく予定です。このイベントを通して、
東日本の震災復興にわずかでもご協力できればと思っています。


2015年12月20日(日)
14:00~16:00(開場13:30)
梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
定員50名

詳細・申し込み

参加対象者
所定の方法で、以下の対象書籍(参加チケット入り)をご購入いただいた方。
①チャリティーカレンダー 2016『かなでる』 1,620円(税込)
②『写訳春と修羅』ナナロク社 1,728円(税込)

申込方法
梅田 蔦屋書店の店頭または梅田 蔦屋書店ヤフー店サイトにて
対象書籍(参加チケット入り)のいずれかをご購入ください。


カレンダー、寄付金をより確保するためと、このプロジェクトを
より知ってもらうためのクラウドファンディングもやっています。
ポストカードやプリントがあったりと、こちらで購入されるほうが
はるかにお得なので、お考えの方はぜひともこちらで…

みちのくチャリティカレンダープロジェクト

b0086957_144057.jpg

[PR]

# by umideomoukoto | 2015-12-18 14:04 | イベント EVENT
2015年 10月 15日

【写真展】「なにものか」3331Arts Chiyoda

今までにないかたちの写真展をやります。
11/8(日)オープニングイベント「ONE DAY TURN PARTY」にも出演します。
ぼくの出番は【筆談トーク】14:45–15:30
(聞き手:長津結一郎/本展事務局)

どうぞよろしく。

。。。。。。。。

日本財団アール・ブリュット美術館合同企画展2014-2015
ひとがはじめからもっている力「TURN/陸から海へ」関連企画

齋藤陽道展「なにものか」

2015年11月8日(日)ー11月23日(月・祝)
12:00ー19:00(最終日は17:00まで)入場無料
会場:3331Arts Chiyoda 1F 3331ギャラリー


〈オープニングイベント〉
第3回東京フォーラム「ONE DAY TURN PARTY」の会場にて
作家たちが展覧会について語ります。

日時:2015年11月8日(日)13:00ー17:00
会場:3331Arts Chiyoda 1F コミュニティスペース
*齋藤陽道筆談対談は14:45〜15:30の予定

。。。。。。。。。。。

もうすでにそこにいるものと鮮烈にふつうに出会うこと。
異形のものを言葉もなく迎え入れる歓待の姿勢を知ること。
何ひとつとして交わるものがない他者と向き合いながらも
鏡に映された己と出会っているような、それでも似る一縷の共通点を見ること。

思えば、ぼくが写真をやる衝動はこの3つの好奇心から始まっていた。この3つを束にして編みこみ、ひとつの糸とさせることは、写真をまとめる時の基本的な姿勢であり、神様のような「なにものか」と出会うためのひとつの心構えでもあったと今回、気づく。

4つのアール・ブリュット美術館を巡って、そこにまつわる施設、ひと、食事、空気、土地に触れながら、ふくらんでいくばかりのわからなさと、そことは別のところでより明晰になってくる直感との間で共鳴するリズムにうながされるまま10体のなにものかを形にした。そして、名前もなく、だれも知らない、生まれたてのなにものかがただそこにいることの静かなざわめきを増幅させるために、写した。

2015.9.20 齋藤陽道

b0086957_2155463.jpg


。。。。。。


第3回東京フォーラム「ONE DAY TURN PARTY」
11月8日(日)アーツ千代田3331で開催!!

::::::::::::::::::::::::

「TURN」という言葉のもと、
考え、語り、動いたこの1 年間を
監修者・日比野克彦と振り返ります。
トークあり、ワークショップあり、そして…… ? 
何が出るかはお楽しみ、1 日限りのパーティーです!
皆さんのご来場をお待ちしております!!
 
【対談】13:00–14:30
福住廉( 美術評論家) ×
日比野克彦(本展監修者)
モデレーター
櫛野展正(鞆の津ミュージアムキュレーター)
 
【筆談トーク】14:45–15:30
関連企画 齋藤陽道展「なにものか」オープニング記念
齋藤陽道(写真家)
聞き手 長津結一郎(本展事務局)
 
【対談】15:30–17:00
中村政人(アーティスト/3331統括ディレクター)×
日比野克彦
モデレーター 森司(本展アドバイザー)
 
【各館ローカルプロジェクトin 3331】
・日比野克彦がショートステイ先で名づけた
 洋菓子「うさぎのしっぽ」販売
・「まねぶカフェ」シリーズ
・アイロンビーズで工作ワークショップ
・美術鑑賞ワークショップ
・みずのき絵画教室デジタルアーカイブ
 ほか、さまざまなイベントを開催予定!
 
詳細はFecebook、HP で随時配信しますので、
ご確認のうえぜひご参加ください!

HP→ http://blog.artbrut-nf.info/
Facebook→ facebook.com/artbrut2014

アクセス→
3331 Arts Chiyoda 東京都千代田区外神田6 丁目11-14
※本施設には駐車場・駐輪場がございません。
ご来場の際には、公共交通機関をご利用ください。

問い合わせ先→
日本財団(森、枡方)/E-mail: artbrut@ps.nippon-foundation.or.jp

主催:日本財団
協力:TURN展実行委員会
(みずのき美術館、鞆の津ミュージアム、はじまりの美術館、藁工ミュージアム)
3331Arts Chiyoda
[PR]

# by umideomoukoto | 2015-10-15 20:45 | 展示 EXHIBITION
2015年 10月 15日

【映画】『Doglegs』 障害者プロレス

10月22日と23日、20時から上映されます。
詳細はこちら→映画館トリウッド 下北沢





『Doglegs』 障害者プロレス

(2015/89分)※特別先行上映
公式サイト 

出演 : サンボ慎太郎、アンチテーゼ北島、中嶋有木、愛人(ラマン)、ミセスラマン
監督 : ヒース・カズンズ (C) Ivan Kovac

20年の歴史を誇る障害者プロレス「ドッグレッグス」を追ったドキュメンタリーが急遽NYから参戦。
2016年新春日本公開予定の作品の、2日間限定での特別先行上映が決定。
20年の歴史を誇る障害者プロレス「ドックレッグス」の活動と
彼らの日常を密着取材したドキュメンタリー。
ドッグレッグスを通し、レスラー達は自分自身を再定義していく。
そこでは世界からの目は一切関係ない。鬱病・アル中・SMプレー・永遠の愛…。
さまざまな自己表現を描いた涙と笑いの物語である。
カナダ・トロント市にて開催される北米最大のドキュメンタリー映画祭「Hotdocs」での
ワールドプレミア、全米最大のファンタスティック映画祭でのアメリカプレミアを経て
今回日本で特別先行上映が決定!
ファンタスティック映画祭、ノンフィクション映画部門でヒース・カズンズ監督 受賞。
[PR]

# by umideomoukoto | 2015-10-15 19:58 | 仕事 WORK